2022年12月27日(火)~2023年1月5日(木)まで、
年末年始休業とさせていただきます。

シェアオフィス・レンタルオフィスの上手な探し方

目次

シェアオフィスを検索したり探すときに、シェアオフィス・コワーキング・ドロップインなど様々な形態があり、迷われた経験のある方も多いと思います。コワーキングってオフィスの登記はできるのかとか不安になる方も結構いるのではないかと思います。

大きさも1人や少人数の施設が多いものの、100名規模で使える施設も徐々に増えてきています。

もはや、オフィスとの垣根が薄らいできており、シェアオフィスという言葉から、フレキシブルオフィスという呼びかたもされてきており、多様なオフィス市場を形成し始めています。オフィスビルの契約形態がシェアのような利用契約を選択できるものも登場しています。

多様なオフィス形態になりつつある状況下で、シェアオフィスを探すのも簡単ではなくなっています。そのなかでオフィスを探すときにポータルサイトから探すというのは非常に便利です。絶対活用をした方がいいと言い切れます。ただし、全部掲載されているかというと、ちょこちょこ掲載されていない物件があったり、貸室のパターンでいうと、問い合わせを直接してみると実は空き予定があるということは結構あります。逆に、すでにその大きさの部屋は埋まっているということも多々あります。

そのような理由から、

ポータルで探してみる
気に入った施設が見つかったら、直接聞いてみる
具体的なエリアイメージがわいたら、エリア名・区名とシェアオフィス・レンタルオフィスといったキーワードで再度検索して、新たな施設を探してみる

ということがとても大切です。また、仲介業者の中にはシェアオフィスも含めて、あらゆるオフィスから物件提案してくれる会社もありますので、手数料はかかるけど案内の手配も面倒だし、仲介会社に任せてみるというのも一つの方法ではあります。

今回は、自分でシェアオフィスを探す場合(特に個室もしくは月額利用でのワークスペースの利用契約)にどうやって探すと、効率的に思ったものが見つかるのか、見逃すことなく物件を探せるかを解説したいと思います。

ポータルで探してみる

シェアオフィスのポータルサイトはいくつかあるので、WEBで検索できます。シェアオフィス・レンタルオフィスとgoogleなどで検索すると、いくつかサイトが出てきます。施設運営主が掲載している広告もありますが、まず最初はポータルで、どんな物件がどのエリアに、どのくらいの金額で出ているのかイメージをつけるのが良いと思います。

ポータルサイトは大体、エリアと賃料・利用人数から検索するようになっています。
私の個人的なおすすめは、場所も賃料も入れずに「利用人数で見てみる」です。
そうすることで、どのエリアでどのくらいの賃料の物件があるか、ざっくりと市場をイメージすることができます。
東京でも1000施設しかありませんので、人数で絞るとかなり絞られます。
その中でいいなという施設が見つかったら、その施設に類似する条件で再度物件を探してみるというのがお勧めです。

気に入った施設が見つかったら、直接聞いてみるのが良し

ポータルサイトや施設主の広告からサイトをみたとして、今空きがないのかと残念な気持ちになることもあると思います。シェアオフィスの区画は施設主によりますが、更新の頻度が低い施設もあることは事実です。

ですので、直接問い合わせをしてみるというのが実にお勧めです。

また、直接連絡してこのような部屋が空いてきたら借りたいと伝えておくと、そのような部屋を用意してくれたり、空いてきたときに連絡をくれることもあります。

シェアオフィスの出入りは通常のオフィスより早くもありますし、今日空いていない物件が、来月から利用できるようになるということもあります。空きがないから、あきらめるというよりは、連絡をして待つというのも、気に入った物件に入るための良い方法だと思います。

具体的なエリアイメージがわいたら、エリア名・区名とシェアオフィス・レンタルオフィスといったキーワードで再度検索して、新たな施設を探してみる

いくつか物件の候補がでてきたら、その候補の物件の同エリアに似た物件が実際にほかに出ていないのかをWEBで検索することをお勧めします。

例えば、原宿の物件がいいなとなったとして、原宿エリアでほかの物件がないか、WEBで検索してみることで、知らなかった物件が検索に表示されることがあります。

ですので、『原宿 シェアオフィス』『原宿 レンタルオフィス』のような感じで検索すると、広告や検索結果に、こんな物件あったんだというのが見つかることが多々あります。

シェアオフィスは多様化しており、なかなか物件イメージに合うポータルサイトもなかったりするからなのか、ポータルに掲載しない施設主もいます。ポータルになくても、物件が存在しないわけではないので、一度検索すると見つかるかもしれませんので、試していただきたいと思います。

まとめ

シェアオフィスを探すときは、ポータルで探し始め、実際にはその途中でWEBで『希望エリア + シェアオフィス(レンタルオフィス)』で検索すると良いと思います。

ポータルサイトに掲載されている物件がすべてではないということと、気になる物件の空き情報は掲載がなくても聞いてみることで、希望する区画を用意してくれる可能性がありますので、仲介業者か自身で確認してみてください。

関連記事

物件をお探しの方へのお役立ち情報

不動産市場動向調査

  • 不動産取引に関連する様々なデータを収集し、また不動産市場が抱える課題をタイムリーに取り上げ、それらをまとめて定期的に発信しています。不動産市況やそれを取り巻く社会問題を肌に感じ、今後の不動産売買に活かせていただければ幸いです。