2022年12月27日(火)~2023年1月5日(木)まで、
年末年始休業とさせていただきます。

2021新設企業のオフィス選び調査(東京都港区・千代田区・中央区・新宿区・渋谷区)+2022年1月速報

オフィスビルタイプ・SOHO・シェアオフィス市場動向の調査

2022年2月28日

ビルアドは、2021年1月~2022年1月末に東京都港区・千代田区・中央区・新宿区・渋谷区(以下、東京オフィス主要5区)において法人設立を行った企業についてのオフィス選び調査を実施しました。本調査ではビルアドに登録がある企業データの中から2021年に法人を設立した企業社の事業所がオフィスビル・SOHO・シェアオフィスのどの契約形態の施設・ビルに入居したかの調査を行いました。

【調査概要】
・新設企業数総数の推計(2021年度・2022年1月速報値)
・移転企業におけるSOHO物件の契約推計(2021年度・2022年1月速報値)
・レンタルオフィス・シェアオフィスの契約推計(2021年度・2022年1月速報値)
・移転企業におけるオフィス物件の契約推計(2021年度・2022年1月速報値)

【対象エリア】
東京5区=東京都港区・千代田区・中央区・新宿区・渋谷区の株式会社を対象

【対象期間】
2021年度1月~2021年12月末

【対象データ】
ビルアドが管理する企業データベースに登録のある企業で2021年に新規設立を行った企業について、オフィス用途のビル/SOHO/シェアオフィスに入居する企業を対象に集計しています。

===============================================================

東京オフィス主要5区における移転企業数の推計

ビルアドが保有している企業データベースにおける東京オフィス主要5区における2021年度の法人設立件数は19,359社あり、その中で、SOHOは7,561件・オフィスは6,601件・シェアオフィスは5,197件の内訳になっています。

5区の株式会社に絞って数字を見てみると、
オフィス 3,083件・SOHO 2,904件・シェアオフィス 2,811件となっています。 シェアオフィスの利用用途は本社機能ではなく、サテライト利用も多いため、上記件数と実際の契約数には開きがあり、実際の契約数の方が多くなっています。

□ オフィス施設ごとにみた月別オフィス設置件数

□ SOHO/オフィス/シェアオフィスともにすべて4月が最多の法人設立数

日本の会計年度も影響し、やはり法人設立とオフィスを借りるということについては、4月が多くなるという傾向があります。2度目のオフィス移転についても、同じ傾向があります。4月が最多とは限りませんが、3月か4月のいずれかが移転件数が増加しているという傾向が顕著です。

□ 法人設立時に選ばれたエリアランキング=SOHO用途

1位 港区  :836社
2位 渋谷区 :704社
3位 新宿区 :646社

□ 法人設立時に選ばれたエリアランキング=オフィスビル

1位 港区  :872社
2位 中央区 :684社
3位 千代田区:520社

□ 法人設立時に選ばれたエリアランキング=シェアオフィス

1位 港区  :872社
2位 渋谷区 :684社
3位 中央区 :520社

□ 2022年1月の新設企業のオフィス選びの速報

SOHO/オフィスビル/シェアオフィスともに、前年比で20%以上増加しており、オフィスの設立と賃貸の傾向は好調と言えます。

関連記事

物件をお探しの方へのお役立ち情報

不動産市場動向調査

  • 不動産取引に関連する様々なデータを収集し、また不動産市場が抱える課題をタイムリーに取り上げ、それらをまとめて定期的に発信しています。不動産市況やそれを取り巻く社会問題を肌に感じ、今後の不動産売買に活かせていただければ幸いです。